【岐阜、愛知】カリフォルニアスタイルの住宅のポイント

最終更新: 11月13日


近年大人気のカリフォルニアスタイルの住宅。西海岸の雰囲気を内装や外装を取り入れたカッコイイ住宅は20代30代を中心に支持されています。

カリフォルニアスタイルの家に近づけるためには、漠然としたイメージだけでなく、外観や内装、収納などを実際にどのようなものにするかポイントを押さえる必要があります。次から、押さえておくべきポイントをいくつか紹介します。






カリフォルニアスタイルを構築するには、アメリカ西海岸の雰囲気やリゾートを連想させるような居住空間づくりをしなければいけません。カリフォルニアスタイルは、別名「西海岸スタイル」や「ビーチスタイル」ともいわれています。まるで西海岸のビーチ近辺に住んでいるような、解放感のある部屋を目指すのがポイントです。そのためには、いろいろな物を配置した狭い部屋では、解放的な気分にはなれません。広い空間をつくるための十分な収納を用意することが重要です。


外観や内装・収納にヴィンテージ感のある木の素材を使用

カリフォルニアスタイルは、全体的にナチュラルなヴィンテージ感が特徴です。加工されたもので囲まれた空間は、西海岸の開放的な雰囲気を演出することは難しいといえます。ヴィンテージ感を出すには、部屋やテラス、収納などは、木材を使用したもので統一することです。ツヤのあるフローリングの部屋よりも、素材感があり、使い込まれた感じのする古材を使うと、味のある空間をつくることできます。決して高級感を狙わずに、ナチュラルな感じにまとめることがポイントです。


カリフォルニアスタイルにおけるリビングダイニングは、仕切りがないことが多いのが特徴です。仕切りをなくすことによって開放的な大空間を演出できます。また、カリフォルニアスタイルの定番といわれるのが、カバードポーチです。晴れた日にカバードポーチに立てば、気分は爽快です。そして、カバードポーチと広々としたリビングダイニングは相性が良いとされています。リビングダイニングの窓を開け放つことによって、窓の向こうに続くカバードポーチとの一体感が生まれ、実際の面積以上の広がりを感じさせる効果を生み出すのです。


居住空間を広げる住居のつくりといえば、1階の天井を設けずに1・2階の空間を連動させる吹き抜けです。1階から見上げる天井が高いほど、解放感あふれる心地よさを与えることができます。また、吹き抜けにすることにより、陽射しをより多く取り込めるので、住まい全体が明るくなりカリフォルニアスタイルならではの気持ち良さを味わうことができるのです。また、天井にあるレッドシダーも効果的なアクセントとなり、西海岸的な気分をさらに高めてくれます。

岐阜、愛知のおしゃれ新築住宅なら

玉田建設株式会社

アナタの夢を叶える注文住宅。

安くてオススメのハウスメーカーを目指します!

TEL:058-243-1014

岐阜県岐阜市大洞1-16-11

9:00-17:00(土日祝 休み)

4回の閲覧

​玉 田 建 設 株 式 会 社

​岐阜県岐阜市大洞1ー16ー11

​にんにく販売専用ダイヤル

  • Pinterestの - ブラックサークル
  • Facebook
  • Instagram

© 2019 by Tamada Construction Co.,Ltd.