014.jpg

​ZEH住宅​

 

​​

 

ZEHとは、「ネット(正味)・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称で「ゼッチ」と読みます。
高断熱化、住宅性能向上により実現した省エネと、太陽光発電などにより生み出される創エネで、年間のエネルギー収支0以下にすることができる住宅のことを言います。
また、蓄電システムを併用すれば、太陽光発電で創った電力をためることができ、災害時による停電の際にも電気等を使うことができるメリットもあります。

 
 
img_howto2.jpg

ZEHリット

1.日常生活での光熱費の削減

エネルギー使用量を極めて低く抑えているので、光熱費を安くできます。発電所の燃料となっている石油や天然ガスの価格が高騰する状況においては、電気料金の値上げも進みますが、「ZEH」ならそもそも電気の使用量を抑えているので、通常の住宅に比べると影響は少なくなります。

2.快適性の維持

「ZEH」はエネルギー消費量を抑えながら室温を一定に保ちやすい構造になっているので、冷暖房を過剰に使うことなく快適な空間を作れます。

また、冬季には風呂場でヒートショック(急激な温度変化で起こる血圧の変動)による心臓発作が起きるなどの問題がありますが、「ZEH」は住宅全体を暖めているので、その防止効果も期待できます。

3.非常時の備え

近年、大型化する台風や線状降水帯による記録的豪雨などの気象災害、規模の大きな地震などによる被害が頻発しています。こうした災害時には停電が発生することがありますが、太陽光発電などの創エネ設備や蓄電池を活用すれば、災害時でも電気が使える安心な生活を送れます。

4.脱炭素化への貢献

「ZEH」には、社会全体として目指している脱炭素化に個人として貢献できるメリットもあります。これは個人では体感しにくいものですが、気象災害や、いずれは枯渇する石油やガスなどの化石燃料の問題を考えると、たとえ「大海の一滴」に思えたとしても、その役割は決して小さなものではないでしょう。

 
9289_color.png

​ここがZEH住宅のポイント

q.png

​断熱性能・気密性能の基準値をクリアするUa値​​

 

Ua値とは「外皮平均熱貫流率」のことで、「どれくらい熱量が家の外に逃げやすいのか」を表す数値です。

具体的には、建物の中と外の温度を1度と仮定したときに、建物の外へ逃げる時間当たりの熱量を外皮面積(外皮=天井、壁、床、窓等)の合計で割ったもので​す。

Ua値が省エネルギー基準を達成しているかどうかの基準となりました。ちなみに、ZEH(ゼロエネ住宅)として認められるかどうかの基準は、地域ごとに若干の違いがあるものの、岐阜県ではUa値が「0.40~0.60以下」になっているかどうかです。

 
qw.png

​高効率・高性能な省エネ設備を導入する

 

ここ数年で省エネという言葉を耳にすることがどんどん増えてきました。ZEHにおいても省エネは大きな役割を果たします。ZEHは気密性・断熱性が高く、室内を快適に保つことができるため、エアコンの使用頻度が減り自然と省エネになりますが、導入する設備にも

​省エネ型の機器を使用することで20%のエネルギー削減を目指します。

 
wqe.png

太陽光発電で創エネ。災害対策にも対応​

 

以前のように太陽光発電を実装して売電しましょう。という話ではありません。家庭で消費するエネルギをゼロにするためには新たに創り出す必要があります。ご家庭で使用するエネルギーを自ら創ります。

さらに太陽光発電を使って発電したエネルギーを蓄電池で貯めておくことで夜間の電力を節電したり、万が一の災害対策にもなります。